Maintenance window scheduled to begin at February 14th 2200 est. until 0400 est. February 15th

(e.g. yourname@email.com)

Forgot Password?

    Defense Visual Information Distribution Service Logo

    MARINE CORPS OKINAWA ENHANCES SKILLS OF ADVANCED RIDERS / 在沖海兵隊、ライダーの技術向上を図る

    MARINE CORPS OKINAWA ENHANCES SKILLS OF ADVANCED RIDERS / 在沖海兵隊、ライダーの技術向上を図る

    Photo By Yoshie Makiyama | Dylan Code, a rider coach with California Superbike School, second from left, observes...... read more read more

    OKINAWA, JAPAN

    05.01.2023

    Story by Yoshie Makiyama 

    Marine Corps Installations Pacific

    In any country, riding a motorcycle requires not only a license, but also quite a bit of skill. You cannot afford to risk your own life, let alone the lives of others. Marine Corps Installations Pacific Safety Office holds numerous training sessions for motorcyclists throughout the year.

    Among them is the Level Three Advanced Rider Track Day, the highest level of training, and was held on Feb. 11-12 at the Naha Port Facility, formerly the Naha Military Port. A total of 44 motorcyclists gathered to learn advanced riding techniques for road safety not only for themselves but also their neighbors.

    According to the Safety Office, there are nearly 900 active riders in Okinawa under the Status of Forces Agreement. 470 of which are Marine Corps personnel.

    Motorcyclists are required to complete prerequisite motorcycle training: the Level One Basic Riders Course, which contains four online training sessions, two days of face-to-face classroom sessions, and hands-on training. After the Basic Riders Course, motorcyclists must complete the Level Two Intermediate Rider Course within 180 days. In addition, the Marine Corps requires its service members to take refresher training, which is necessary before being eligible for the ARTD.

    ARTD is a follow-on training course that meets the five-year refresher training requirement and is normally scheduled semiannually. It is only required for active duty riders who already have a SOFA motorcycle license.

    “ARTD takes more space where riders can practice and improve their skills with more realistic road speed, which is something that is not available at basic and intermediate courses,” said Tsutomu Yamashiro, MCIPAC Safety Office rider coach. “ARTD takes place at the Naha Port Facility or Marine Corps Air Station Futenma where they can provide a much larger area for the training and allow the student riders to learn advanced skills and ride safely on public roads.”

    This year, the Safety Office invited Dylan Code, an instructor from California Superbike School. They have brought the instructors from the school starting in 2009; but most recently in 2017, an instructor from the Safety Office was certified, making the Safety Office self-sufficient to run the ARTD. One of the California Superbike School requirements is to perform quality control checks and to provide refresher training to the local instructors and coaches.

    According to Code, the course is to bring the rider who already knows how to ride to a higher level of control and it focuses on technology and technique. This allows the riders to act intuitively rather than thinking. Motorcyclists run into common problems such as running wide in the corners or speeding, and the course provides different approaches to resolve those issues.

    “We don’t normally train for highway speed but for the corner,” said Code. “We want them [riders] to be confident at the corners that are typically where they get in trouble. Speed is moderate but we want to make sure technique is good.”

    U.S. Navy Lt. Natalie L. Spritzer, a nurse with 3rd Medical Battalion, 3rd Marine Logistics Group and a rider enthusiast held a motorcycle license for a long time, but recently became an active rider again. “I am pushing my limit because it’s a controlled environment. You learn how you handle the situations and cornering,” Spritzer said. “It’s preparing me to ride safely. This is about safety, making people a safer rider.”

    For the active duty Marines coming to Okinawa, step one to getting a motorcycle license is obtaining a privately owned vehicle SOFA license. This can be acquired by meeting all prerequisite requirements, and upon completion of Newcomers Orientation Welcome Aboard brief. The next step for new riders is to take the Basic Riders Course, for existing riders who are licensed in the states and are up-to-date on their training, is to have their training certificates validated. Whether a new or current rider, an operational test will be conducted. Once all the requirements are met, the motorcycle license will be issued. All other motorcyclists, whether civilian or other active duty service members belonging to sister services, need to contact Motorcycle Section 634-2450 in building 908, Kadena Air Base for more information.

     どの国でも、バイクに乗るには免許だけでなく、かなりの技術が必要だ。自分の命はもちろんのこと、他人の命も危険にさらすわけにはいかない。米海兵隊太平洋基地安全部では、年間を通じてバイク乗りのためのトレーニングを数多く実施している。

     その中でも、最高レベルのトレーニングである「レベル3アドバンス・ライダー・トラック・デー(ARTD)」が、2月11日、12日に那覇港湾施設(旧称「那覇軍港」)で行われた。総勢44名のバイク乗りが集結し、自分だけでなく近隣住民の交通安全のためにも高度なライディング技術を学んだ。

     同基地安全部によると、沖縄には日米地位協定に基づく現役ライダーが約900名近くおり、そのうち470人が海兵隊員だ。

     4回のオンライン講習、2日間の対面式講習、および実地講習から構成されている基礎ライダーコースの後、バイク乗りは180日以内にレベル2の中級ライダーコースを修了しなければならない。さらに、海兵隊は隊員に再教育の受講を義務付けており、これはARTDの受講資格を得る前に必要なものである。

     ARTDは、5年間の更新訓練要件を満たすフォローアップ訓練コースで、通常、半年ごとに予定されている。すでにバイク免許を取得している現役隊員ライダーにのみに義務付けられている。

     安全部の山城勉ARTD認定ライダーコーチは、「ARTDはより広いスペースで行われ、初級・中級コースにはない、よりリアルな速度での練習とスキルアップが可能です。那覇軍港や海兵隊普天間基地で行われるため、より広い敷地で講習を受けることができ、ライダーは高度な技術を身につけ、公道で安全に走行できるようになります」と述べた。

     今年、安全部は、カリフォルニア・スーパーバイク・スクールから講師のディラン・コード氏を招聘した。2009年から同校の講師を招いており、直近では2017年に来沖、安全部のコーチが講師として認定され、同部が自立してARTDを運営できるようにした。カリフォルニア・スーパーバイク・スクールの要求事項のひとつに、品質管理のチェックと、現地の講師やコーチへの更新訓練の実施がある。

     コード氏によると、このコースは、すでに乗り方を知っているライダーを、より高いレベルでコントロールできるようにするためのもので、技術と技に重点を置いているとし、これにより、ライダーは考えるのではなく、直感的に行動することができるようになるとした。ライダーはコーナーでの幅寄せやスピード出しすぎなどといった問題に直面するが、コースではそれらの問題の解決策やドリル、アプローチを様々な形で提供しているという。

     「高速道路を走るためのトレーニングではなく、コーナーを走るためのトレーニングです」とコード氏は話す。「ライダーがトラブルに巻き込まれやすいコーナーで、自信を持って走れるようにしたい。スピードは控えめですが、テクニックはしっかり身につけさせたいですね。」

     第3海兵兵站群第3衛生大隊の看護師でバイク愛好家のナタリー・L・スプリッツァー米海軍大尉は、長い間バイクの免許を保持していたが、最近アクティブなバイク乗りになった。「(ARTDは)管理された環境下なので、自分の限界に挑戦することができるし、状況やコーナリングにどう対処するかを学ぶことができます。私に安全に乗るための準備をさせてくれます。この訓練は安全に対するもので、人々をより安心できるバイク乗りにするためのものです」とスプリッツァー海軍大尉は語った。

     沖縄に来る現役海兵隊員が、バイク免許を取得するためには、沖縄での自動車免許証の所持が必須となる。自動車免許は、すべての前提条件を満たし、新規来沖者説明会を完了することで取得できる。新しいバイク乗りは、基礎ライダー講習を受ける必要があり、最新の講習を受けているアメリカのバイク免許保持者は、所有している講習修了証の有効性が確認される。新規・既存にかかわらず、実技試験が実施され、全ての要件をクリアすると、バイクの免許証が発行される流れ。海兵隊員以外のバイク乗りは、嘉手納基地908号棟の自動二輪課634ー2450に問い合わせることができる。

    LEAVE A COMMENT

    NEWS INFO

    Date Taken: 05.01.2023
    Date Posted: 05.18.2023 00:02
    Story ID: 444815
    Location: OKINAWA, JP

    Web Views: 44
    Downloads: 0

    PUBLIC DOMAIN